日本の四季が楽しめる和菓子

ホーム » 日本の四季が楽しめる和菓子

旬の食材を使用し、店頭に並んでいるのを見ただけで季節を感じる事の出来る和菓子。和菓子は味だけでなく、見た目で四季を表現しています!お中元御歳暮といったギフトで和菓子を贈る方は多くいらっしゃると思いますが、ただ美味しい和菓子を贈るのではなく、季節に合わせた和菓子を選ぶことで、味も見た目も楽しむことが出来ます。それでは四季折々でどういった和菓子があるのか、こちらでご紹介致します。

見出し

春の和菓子

団子

春の和菓子の代表といえば、『草餅』や『桜餅』、『ひな団子』があります。草餅はよもぎの葉が生地の中に練り込まれているので、香りで春を感じることが出来ます。そして、春といえば桜をイメージする方も多いと思います!桜餅は地方によってその姿が変わります。

近江屋本舗の桜餅は道明寺粉を使用して、塩漬けにした桜の葉に包まれています。この形の桜餅は西日本特有で、東日本の桜餅は小麦粉を使用した焼皮であんこを巻いた形が多いようです。どちらの桜餅も、桜の葉も一緒に食べても美味しいのが魅力です。

見出し

夏の和菓子

水ようかん

夏の和菓子といえば、『水ようかん』や『水まんじゅう』などがあります。これらの和菓子は見た目が涼しく、暑い夏にピッタリです。水羊羹や水まんじゅうは、食べる前に冷やすことでより美味しく食べられます。つるっとした食感の水まんじゅうは食べやすく、口の中でこしあんの甘さが広がっていきます。また、ふっくらとした生地で餅を包んだ若鮎も、夏に欠かせない和菓子の1つです。

コーヒーわらび餅

近江屋本舗の夏の名物の一つに、『コーヒーわらび餅』があります!見た目はコーヒーゼリーのようですが、食べたらそのおいしさにビックリ!もちもちの食感は冷たいわらび餅そのもの。なぜかわらび粉がコーヒーを引き立ててくれるため、とても不思議な味わいが楽しめます。夏には売り切れ続出の商品です。

見出し

秋の和菓子

実りの秋には美味しい食材がたくさんあります。その中でも、『栗蒸しようかん』や『栗きんとん』といった栗を使った和菓子が秋の代表といえます。

近江屋本舗では、毎年その年にとれた生栗をゴロゴロ使って栗蒸し羊羹を作っています!栗きんとんも「あんこ」の混ざったものでなく、100%栗を使った上品な栗きんとんです。生栗を使うと皮をむくのが大変ですが、職人さん達が毎年丁寧に皮をむいて、美味しいお菓子を作っています!

見出し

冬の和菓子

冬の和菓子といえば、『いちご大福』!甘いあんこと酸っぱい苺は相性が抜群で、贅沢な味わいです。近江屋本舗のいちご大福はつぶ餡です!いちごと餡の粒がじっくり混ざってお互いのおいしさを引き立てます。夢大福シリーズで、冬になると人気爆発するのが『生チョコ夢大福』です!なぜか冬はチョコが食べたくなるもの。バレンタインにもとても喜ばれています!

見出し

美味しい大福を通販で

近江屋本舗では、季節ごとに色々なお菓子をご用意しています。上記で紹介出来なかったお菓子もたくさんあります!

季節のお菓子は、ご家庭用としてはもちろん、手土産などの贈答品にもおすすめです。贈答品にピッタリな和菓子をお探しなら、是非四季が楽しめる和菓子を販売している近江屋本舗の通販サイトをご利用下さい。

和菓子を通販でお求めなら

店舗名 近江屋本舗
所在地 〒444-0943 愛知県岡崎市矢作町加護畑107
TEL 0564-31-3350
FAX 0564-31-3036
MAIL info@omiya-honpo.net
URL http://omiya-honpo.net
営業時間 10:00~19:00
定休日 火曜日(年末年始、お盆、御節句などは不定休)
概要 和菓子の通販なら【近江屋本舗】へ。伝統ある和菓子や洋菓子要素を取り入れた和スイーツを販売しております。通販の他、岡崎にて実店舗もございますのでぜひお立ち寄りください。