美味しい和菓子の通販|和菓子と行事

ホーム » 和菓子と行事

日本には季節ごとに様々な行事があり、和菓子と密接に関係している行事も数多くあります。ここでは、行事で食べられている和菓子やその由来について紹介致します。

見出し

桃の節句(ひな祭り)

いがまんじゅう

3月3日(旧4月3日)は女の子の健やかな成長を願う行事です。人形で身体をなでて怪我を移し、川へ流して身を浄めたことが雛人形の始まりだとされています。

桃の節句には、地方によりひし形をした紅・白・緑の3色の菱餅(ひしもち)やいろいろな色をした雛あられが食べられます。ちなみに菱餅の色には、紅=桃の花、白=雪、緑=草といった意味が込められています。

近江屋本舗のある岡崎市周辺では、『いがまんじゅう』と言って色のついたお米をまぶした珍しい姿のお菓子が食べられています。これは米粉で作った餅であんを包み、赤・黄・緑の3色に着色されたもち米を色別に乗せて蒸したお菓子です。

名前の由来には諸説あり、上にのせた米粒を栗のイガに見立てたという説、徳川家康の“伊賀越え”にちなんでつけられたという説、家康の生誕の地、岡崎市にある伊賀町からつけられたという説・・・由来は明確になっていませんが、桃の節句の時季に岡崎市周辺にお寄りの際は和菓子屋を訪ねてみてください!

見出し

端午の節句(こどもの日)

ゆず餡かしわ餅

3月3日が女の子の健やかな成長を願う行事であるのに対し、5月5日(旧6月5日)は男の子の健やかな成長を願う行事です。家庭によって大きな鯉のぼりや立派な兜などが飾られます。そして、忘れてはいけないのが、柏餅や粽(ちまき)です!

柏の葉は神様にお供え物をする際に器として用いられていた神聖なものです。また、柏の葉は厳しい冬を乗り越え、新芽が出るまで葉が落ちないことから「家系を絶やさない」という意味もあるのです!

近江屋本舗では、全国的にも珍しい「ゆず餡のかしわ餅」が人気です。賞味期限が1日なので残念ながら通販は出来ませんが、お近くにお寄りの際はぜひともご賞味下さい!

見出し

中秋の名月(十五夜・十三夜・十日夜)

月見団子

十五夜はもともと中国から伝わったものですが、十三夜は日本独自のもので「栗名月」とも呼ばれています。収穫に感謝する行事で、収穫物(栗やイモ類)をお供えします。一般的なイメージとして定着している月見団子もお供え物でした。

近江屋本舗のある岡崎市周辺では、いも名月になぞらえた形の可愛らしい形をした月見団子が食べられています!

見出し

七五三祝い

七五三

11月15日に、3歳・5歳・7歳の子どもの成長をお祝いする行事です。男の子は3歳と5歳にお祝いをし、女の子は3歳と7歳にお祝いをします。七五三といえば、千歳飴です。千歳飴には、親から子への長寿の願いという意味が込められています。ちなみに、直径が15mm位、長さ1m以内と決められています。

見出し

人生の節目の行事にも利用される和菓子

和菓子は季節だけでなく、人生の節目にも利用される事が多いです。出産祝い・入学祝い・成人祝い・就職祝い・引っ越しの挨拶・結婚祝いに快気祝い。御供ものにも使われる和菓子は日本人にとって切っても切れない関係と言えます!

見出し

美味しい和菓子を通販で

和菓子は古くからの行事と密接に関わりがあったのです。これらの行事を迎える際には、美味しい和菓子を選びませんか?和菓子は近くの和菓子屋でも手に入れることは出来ますが、通販サイトでも手に入れることが出来ます。通販サイトであれば、遠方であっても気になりません。美味しい和菓子も簡単にお取り寄せすることが出来ます。

美味しい和菓子が食べたいのなら、是非近江屋本舗の通販サイトをご利用下さい。詰合せもご用意しておりますので、お中元御歳暮などのギフト贈答品をお探しの方にもおすすめです。近江屋本舗の夢大福シリーズ人気ナンバーワンは「抹茶夢大福」です。子どもから大人まで幅広く食べられていますので、迷った方は是非、「抹茶夢大福」を味わってみて下さい。